山本化学工業 バイオラバー

スピード社の水着による世界記録更新が多発し、メーカー各社に水着の改善を要請していた日本水連は5月30日各社から、改良品の提示を受けた。複合特殊素材メーカーの山本化学工業(大阪市生野区)はデサントとアシックスの改良品に自社のハイテク水着用素材、バイオラバースイム=SCSファブリックが採用された。
2008年5月30日(金)

▽バイオラバーとは
ASCO(米国癌治療学会)にて、2005年5月13日・2007年2月23日に正式発表。米国でバイオラバーの医療における学術的な確かさが高く評価をされています。

ふつうラバーといえば、石油からつくられています。しかし、私たちのラバーは炭酸カルシウムを99.7%以上含む高純度の石灰石をベースにしています。さらに、私たち独自の技術により、このラバーはミクロの気泡によるハニカム構造になっています。この構造に、貴金属鉱物を混入させることで、バイオウェーブ(波長4~25ミクロンの赤外線)が発信されます。



バイオラバーマットS【ひざかけ大の便利なマットサイズのバイオラバー】
定価:126,000円(税込) → セール価格:112,999円(税込)
Yahoo!ポイント 1,076ポイント獲得

* バイオウェーブは、東洋では「気」の一種として認知されています。この「気」を利用した治療法は、東洋よりも西洋の現場で広く利用されてきました。
* 1960年代に、この「気」が物理学的に検証され、研究発表されたものが、バイオウェーブです。
* バイオウェーブは、健常者が発しているのと同じ4~25ミクロンの波長を持つ遠赤外線です。
* 4~25ミクロンの遠赤外線は人体に有用な働きがあります。
* 遠赤外線は、電磁波の一種でありますので、有機物に接触すると熱や電気に変換されます。
* 遠赤外線は、熱や静電気等の有用なかたちで、我々の健康に寄与します。
* バイオウェーブも遠赤外線に含まれます。
* バイオラバーは、独自の技術で、ミクロの気泡を有するハニカム構造になっております。
* ミクロ単位のハニカム構造が、4~25ミクロンの遠赤外線を共鳴させ、より強いバイオウェーブを放射します。
* 厚さや大きさにより、共鳴するバイオウェーブの強さが、異なります。

▽山本化学工業株式会社 大阪市生野区中川 資本金1000万円
連結売上高72億円(平成20年2月期)社員数約70人
・ウエットスーツやトライアスロン用などアウトドア向け水着素材で世界シェアの約8割を占める。
・スピード社の水着より水の抵抗が少ないとされる新素材「バイオラバースイム=SCSファブリック」を開発。
・取扱品目 ダイビング及びウィンドサーフィン用ウエットスーツ素材 メディカル用及びスポーツ用サポーター素材 バイオラバー素材 サバイバルスーツ用素材(米国UL認定)耐放射線防護用素材(厚生省認可)誘電性発泡体ゴム素材 各種超軽量発泡体グリップ 独立発泡体化粧用パフ
競泳水着 SPEED バットマン タコヤキ たこ焼き BIO RUBBER

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック