えひめAI

微生物と酵素が汚れを分解 配管のヌメリや悪臭を強力に解消 環境にやさしく、効果も持続

・ 全て食材からできた排水口・配管の詰まり・ヌメリ取り用洗浄剤 
・ 環境浄化微生物で排水口・配管の悩みを解消!
・ 微生物と酵素が汚れを分解、配管のヌメリや悪臭を強力に解消
・ すべて食材から出来た微生物なので、環境にも優しく、効果も安定して持続する
・ えひめアイ1本で家庭排水を浄化できる
・ 作業は簡単 トイレ・台所・お風呂・洗濯機の排水口や配管にえひめあいを流すだけ
・ 「えひめAI-1」を入れることで、河川の浄化につながり、しいては海の浄化にもつながる。


▽有用微生物群 批判的意見
福島県では2008年3月、”EM菌(有用微生物群)などの微生物資材について「高濃度の有機物が含まれる微生物資材を河川や湖沼に投入すれば汚濁源となる」”との見解をまとめ発表している。福島民友ニュース (2008年3月8日)

日本土壌肥料学会の1996年の「微生物を利用した農業資材の現状と将来」と題した公開シンポジウムにおいてEMが他の資材に比べて効果が低いと報告されるなど効果を疑問視する人も多く[2]、タイの試験研究機関の分析結果として、EM資材中に光合成細菌及び放線菌(Actinomycetes)の存在が確認されなかったとされている。日本土壌肥料学会 (1996年8月23日)

「科学とニセ科学」レジュメにおいて、万能を謳うことや他の研究者の批判に対する対応に、疑似科学性が見られると批判されている。菊池誠 (2004年7月28日). “「科学とニセ科学」レジュメ(ver.2)

「市民のための環境学ガイド」では「似非科学」の一つとして、EM菌が挙げられている。安井至 (2004年9月19日). “マイナスイオン定点観測

実験的研究によれば、EM菌にはシアノバクテリアの発生を抑制する効果はない。Lurling, Miquel, Tolman, Yora and van Oosterhout, Frank (2010)


えひめあい 愛媛県 鬼北町 所 笑って コラえて 食材からできた 環境浄化微生物 エヒメアイ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック