Lunascape5.0α 発表 世界初トリプルエンジン・起動速度3倍

9月16日、ウェブブラウザ「Lunascape」の最新バージョンとなる「Lunascape5.0α」を発表。

大きな特徴は下記の2点です。
1.世界最速のJavaScriptエンジン「TraceMonkey」を搭載
2.世界初トリプルエンジンブラウザ登場

▽1.世界最速のJavaScriptエンジン「TraceMonkey」を搭載
「ページ表示に時間がかかる・・・」こんな不満を抱いたことはありませんか?

Lunascape5.0αは世界最速と言われるJavaScriptエンジン「TraceMonkey」をいち早く搭載。さらに独自の技術によるチューニングの結果、世界最速のJavaScript処理速度を実現しました。ページ表示が遅いと嘆くことはもうありません。

※各ブラウザのJavaScript処理速度
・Lunascape 5.0α(Gecko1.9系) :2,778ms
・Google Chrome      :3,462ms
・Firefox 3.0.1      :6,316ms
・Opera 9.52 :7,775ms
・Sleipnir 2.8.1 (Gecko) :20,705ms
・Internet Explorer 7 :60,352ms
※弊社調べ


▽2.世界初トリプルエンジンブラウザ登場
「このブラウザではページが表示できない・・・ でも、こっちのブラウザだとページ表示が遅い!」こんな不満から、複数ブラウザを使い分けることはありませんか?Lunascapeは常に新しいブラウザのあり方を他社に先駆けて
提供してきましたが、今回は「Google Chrome」、「Safari」で搭載されるレンダリングエンジン「Webkit」への対応を行いました。

・Trident(Internet Explorer)
・Gecko(Firefox)
・Webkit(Google Chrome、Safari)

世界で初めて、この3つの主要レンダリングエンジンを自由に使い分けできるトリプル・レンダリングブラウザが誕生しました。もう複数のブラウザを使い分ける必要はありません。

▽Amazon PCソフト
ソフトウェアランキング ※1時間ごとに更新

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック